ストーリー



双子の兄妹セバスチャンとヴァイオラの乗った船が難破し二人は行き別れる。

兄が死んだと思ったヴァイオラは身を守るため男装し、シザーリオと名乗り公爵オ―シーノの小姓となる。

ヴァイオラはオ―シーノに恋心を抱くが、伯爵家の女主人オリヴィアに恋するオ―シーノは

想いを伝えるためヴァイオラにを使いに出す。複雑な気持ちでヴァイオラはオリヴィアに会うが、

女とは知らずオリヴィアはヴァイオラに一目惚れ。

オリヴィアの屋敷では、伯父のサー・トービー・ベルチ、オリヴィアに求婚するサー・アンドルー・エイギュチークが

道化のフェステと共に、毎晩飲んだくれていた。堅物の執事マルヴォーリオは彼らを強く叱責する。

普段からマルヴォーリオを嫌っていた彼らは侍女のマライアも引き入れ仕返しを計画。

その結果マルヴォーリオは幽閉されることに。一方ヴァイオラの兄セバスチャンも生きていた。

瓜二つの兄妹を巡って周囲は大混乱。それぞれの恋の行方は?!